国立研究開発法人 水産研究・教育機構

お問い合わせ

ブリ優良人工種苗周年供給システムの構築

海洋水産資源開発事業(ブリ優良人工種苗周年供給システムの構築)のうち、種苗供給プログラム

事業目的
 ブリ人工種苗の周年供給システムを構築することにより、養殖ブリの生産および供給の安定化、

国際競争力の強化を図ります。

事業内容
  養殖ブリの周年出荷に向けた人工種苗のニーズ、課題等を明らかにするため、ブリの種苗生産や、

人工種苗を用いた養殖への取り組みを希望する種苗生産機関・養殖業者(以下「養殖業者等」という。)に対して、

①ニーズ(購入希望)調査を実施するとともに、②養殖業者等が自ら立案した事業計画に基づき、ブリの受精卵又は

人工種苗(以下「人工種苗等」という。)を有償で供給します。

 具体的な事業の進め方については、種苗供給プログラム実施手順をご覧下さい。

 種苗供給プログラム実施手順(PDF:349KB)

 種苗供給プログラム実施手順(ワードファイル)(WORD:36KB) 

 

令和6年度詳細はこちらですNew!!

                  

過去の情報

 令和5年度購入希望調査結果と契約状況

 

 令和5年度ブリ受精卵・人工種苗販売結果

 

 令和4年度(PDF:973KB)


 令和3年度(PDF:855KB)
 

 令和2年度(PDF:2,071KB)

 

 令和元年度(PDF:1,578KB)

ブリの卵と稚魚
 

お問い合わせ先

国立研究開発法人 水産研究・教育機構 開発調査センター
〒221-8529 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1丁目1番地25 テクノウェイブ100 6階
TEL:045-277-0202 FAX:045-277-0209 Mail:buri-kounyu@ml.affrc.go.jp

開発調査センター養殖システムグループ(小林、小田)